ハレホレ四賀【松本・四賀地区ご案内ガイド】

イベント情報

殿村遺跡とその時代10―令和3年度報告会・講演会―

殿村遺跡は、四賀地区の会田にある遺跡です。
平成20年に四賀小学校建設計画によって初めて発掘調査が行われ、室町時代(15世紀~16世紀)を中心とした大規模な造成跡から、石垣や石列、礎石建物跡、瀬戸産や中国産の陶磁器、茶道具など、貴重な遺構・遺物が多数見つかりました。この成果により、学校建設予定地を変更して遺跡は現地保存されることになりました。

10年にわたって実施してきた殿村遺跡の調査事業の集大成となる講演会を開催します。
これまでの調査を総括する報告会もあわせて行います。

<講演会講師>

笹本正治氏

  • 長野県立歴史館特別館長
  • 殿村遺跡調査指導委員会委員長

<演題>

全国的視野から見た虚空蔵山―景観特質と宗教の場―

<申し込み方法>

  • 7月7日水曜日から
  • 参加される方全員の氏名と連絡先を電話かファックスで下記お問い合わせ先へ
  • 先着150名

 

開催日時 2021年7月22日(木曜日・祝日)
開催時間 13:30~15:40
会場 松本市役所四賀支所 1階ピナスホール
長野県松本市会田1001-1
料金 無料
問い合わせ先 松本市文化財課史跡整備担当
電話番号 0263-85-7064
ホームページ http://www.city.matsumoto.nagano.jp/miryoku/bunkazai/oshirase/tonomura-sonojidai10.html

【アクセスマップ】