ハレホレ四賀【松本・四賀地区ご案内ガイド】

むらの日々

廣田寺

四賀地区のソメイヨシノが開花し始めました。標高差があるので場所によっては満開の樹もあります。立ち寄ったのは廣田寺(長野県松本市会田566)。曹洞宗寺院は釈迦牟尼仏をご本尊としますが、ここは阿弥陀如来をご本尊としている珍しい寺院です。山門前には、江戸末期から明治初期に、近郷から奉納された百体観音が並んでいます。境内の枝垂れ桜が見頃を迎えています!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

塩田晴哉
塩田晴哉
塩田晴哉です。「土に根をおろし風と共に生きよう。種と共に冬を越え鳥と共に春を歌おう」
映画「天空の城ラピュタ」に出てくる私の大好きなセリフです。四賀地区は人間が忘れかけている大切なこと、失いつつある大事なものを思い出させてくれる素敵な場所です。心が乾いたら四賀にきましょ!
※「きましょ」はこの辺りの方言で「おいで、いらっしゃい」の意味です。

<<  | ブログトップへ |  >>