ハレホレ四賀【松本・四賀地区ご案内ガイド】

むらの日々

おばちゃんちのお庭のお茶会

学校から帰ってきた娘と
回覧板を届けに
近所のおばちゃんの家に

 

 

ちょうどお茶の時間で
一緒にお呼ばれしました

 

煮物に、筍の煮たの、
畑の冬菜の胡麻和えに、
ウドの酢味噌和え、
そして沢山のお菓子

もう夕飯が入らないくらい
美味しいものが一杯の
おばちゃんのお茶請け

 

「たんと食べり」と
にこにこおばちゃん

お庭のお花も愛でながら、
たわいもない話をして

 

おばちゃんの家は、
私の心の実家です

子ども達が小さい時から、
何度このお茶に呼ばれて、
おばちゃんと話をすることで
癒されたことか

 

帰りは、
おばちゃんの育てた数珠と、
ウド、冬菜にアイスクリーム
抱えきれないくらい
お土産にもらって・・・

「また来いや」と
私たちが見えなくなるまで
いつも手を振ってくれるおばちゃん

いつまでも
元気でいてほしいな

この記事を書いた人

徳久麻里
徳久麻里
奄美大島から、四賀に移住して12年。
四人の子どもの母。
築100年古民家暮らし。

※ 手作り薪ストーブ kintoku stove
http://kintoku-stove.com/

<<  | ブログトップへ |  >>